情報

質問&回答 相談支援について

どうも。
世界が少しでもよくなりますように。
利根小次郎です。

質問回答の3個目です。

質問

相談支援がいまだに良くわかりません。
同じように感じている人の声は聞いた事があります。
図式的にも全然見えてきません。
つなぐって、どこをどうつなぐことなのか、、、相談支援に何をどこまで、望んでいいのでしょう?

ご質問ありがとうございます。
さて、この回答はすごく難しい。

回答

おそらくご質問者様は現状の相談員に不満があるのだと思います。

相談支援とは?

基幹相談
基本相談
特定相談
の三つに大別されます。

基幹は相談支援の中核で、地域の相談支援事業所の人材育成や困難事例への対応、虐待防止、地域の相談体制の確立などを行います。

基本相談は一時相談でよろず相談屋みたいなイメージですかね。まず、ここに相談して、色々なところへつないでくれます。委託相談と言います。

特定相談は高齢者でいうところのケアマネで、サービス等利用計画を作成します。利用者に一番近い存在でしょう。児童の場合は児童福祉法の中で行う児童相談支援となりますが、内容はほぼ一緒です。

相談支援の設置者は市町村で、全国画一のサービスではないので、地域差があります。
利用される方によってこのあたりに不満や混乱があると思いますが、福祉に限らず今後の行政サービスはどんどん市町村に降りてくると思われますので、地域差が当たり前になってくるでしょう。ある程度慣れるしかないと思います。

不満が出てくるのも当然ですが、悪いことばかりではないと思います。
国→都道府県→市町村
声が届きやすいのはどこでしょう?

そういうことです。

ただ、相談員に関しては知識、能力、やる気、と個人差があるのが現状です。
事業所でも、あの相談員は苦手、あの相談員なら安心、なんてことはあります。

しかし、あくまでサービスなので相談員の変更も可能です。

どうしても合わなかったら変更してみるのもありでしょう。

良くない意味で使われますが「支援者ショッピング」も場合によってはありでしょう。

マッチする相談員が見つかるよう祈っています。

以上。

こんな形でよろしければいつでも質問お待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です