情報

今年度の目玉事業? 就労定着支援事業とは??

どうもどうも。
世界が少しでもよくなりますように。
利根小次郎です。


就労定着支援事業とは、2018年4月から新たにスタートした障害者総合支援法に基づく福祉サービスです。一般就労をしている障害のある方が長く職場に定着できるようさまざまなサポートをします。
いまさらですが、障害福祉の支援は基本的にはサービスといいます!

就労定着支援が創設された背景

平成28年に事業主に「障害者に対する差別の禁止・合理的配慮」が義務化され、さらに、障害者雇用促進法が改正されました。
その後、平成30年度より障害者雇用率が2.0%から2.2%へ引き上げられ、その結果、雇用障害者数、実雇用率ともに6年連続で障害者雇用数は過去最高を更新しています。
つまり常に働く障害者は増えているのです。まあ、今まで障害とカウントされていなかった障害が障害となっていることもあるのですが。
どちらにせよ、今までなら働けていなかった障害をお持ちの方も企業に雇用されるようになり、今後、在職の障害者の就労に伴う支援ニーズはより一層多様化かつ増大することが確実です。それを踏まえ、様々な生活面を含む課題に柔軟に対応できるよう、事業所・家族・その他との連絡調整等の支援を最大3年間にわたり行うサービスが「就労定着支援」です。
(色々考えると省庁の水増しってかなり悪質ですよねー)

業務内容

雇用された企業で継続して働けるよう、当事者と企業の間に入り、さまざまな社会資源を活用しながら職場定着のための支援をします。
具体的には、就労定着支援員が月1回以上のペースで利用者と対面で話し、現在の職場での環境や生活面の悩みなどを確認し、本人の現状、悩み等を把握します。
その上で、課題解決のためのアドバイス、勤務先への訪問、医療機関や福祉機関との連携をして働きやすい環境へとつなげ、定着のための支援をします。

利用対象者

「就労移行支援、就労継続支援、自立訓練、生活介護などの利用を経て一般就労へ移行した障害者で、就労に伴う環境変化により日常生活や社会生活において、生活面の課題などが生じている障害者」とされています。
かみ砕いて言うと、一概には言えないですが、就労移行支援事業所の卒業生がそのまま今までと同じ支援者でに定着支援をしてもらえる、という感じですね。

サービスのご利用期間・利用料金

・上限3年間(1年ごとに支給決定機関を更新)
・原則一割負担
いろいろな兼ね合いがありますが、1500円~3500円/月となります。また、前年度の収入が大きくかかわってきますので、一年目は無料で二年目から利用料が発生するケースが多いと思われます。

問題点

問題点というほどでもないですが、福祉の現場としては、就労支援センター、なかぽつ、ジョブコーチ、就労定着支援員、努力義務中の就労支援員など、複数のサービスがかかわってきており、役割分担をする必要が出てきました。
ただし、あったほうがよいサービスであることは間違いないので、これから整理されていくことでしょう。

現状

福祉事業所を経て就労したものに対しては、半年間は就労移行支援事業所の就労支援員がメインで支援し、必要に応じて、ジョブコーチを導入していくしょう。
そして、半年経過した7か月目より就労定着支援のサービスを利用し、そこから三年後、就労支援センター等に引き継がれる形になるかと思います。

予告

さて、次回はこの就労定着支援事業の考察、さらには障害者雇用にまつわる諸々の問題を私なりに、そして今風な解決策の提案をしようと思っています。
こうご期待!!