情報

障害福祉サービスの利用の仕方(☆初歩☆)

どうも。利根小次郎です。

さて、今回は簡単に障害福祉サービスの利用の仕方を説明していきます。

たとえば就労継続支援A型、B型事業所や、グループホーム等を利用したいと思った場合、何をどうすればどうなるのかを書いていきます。

またどこかで、詳しくまとめた記事をアップするかもしれませんが、第一次情報だと思っていただければ幸いです。

利用の手続き・サービス利用までの流れ(簡易版)

(1)サービスの利用を希望する方は、区市町村の窓口に申し込みをします。

(2)区市町村は、サービスの利用の申請をした方に「指定特定相談支援事業者」が作成する「サービス等利用計画案」の提出を求めます。

(3)利用者は「サービス等利用計画案」を「指定特定相談支援事業者」で作成し、区市町村に提出します。(セルフプランも有)

(3)区市町村は、提出された計画案や勘案すべき事項を踏まえ、支給決定します。

(4)「指定特定相談支援事業者」は、支給決定された後にサービス担当者会議を開催します。

(5)サービス事業者等との連絡調整を行い、実際に利用する「サービス等利用計画」を作成します。

(6)サービス利用が開始されます。

おおよそこんな流れになるかと思います。
さあ、どうでしょう?
ものすごく簡単に書いているのですが、普段、この手の情報に触れていない方にしたら、かなり難しいのではないでしょうか?

なので、とりあえず障害に関わることで何か困ったときは各市町村の福祉課の窓口にまずは相談していただくのがよいでしょう。

ここで多少はググっておく方がベターです。

何せ一言で障害といっても様々です。

各サービスを扱う際に、またこのあたりには毎度触れていくと思います。

さて、「指定特定相談支援事業者」が作成する「サービス等利用計画案」と出てきますが、これは一体何かと問われると、毎回、私は「高齢者のケアマネージャーが作るケアプランみたいものです」と答えています。

相談支援については障害福祉分野ではまだまだ始まったばかりと言ってもよいでしょう。
利点欠点課題点とたくさんあるので、また個別の記事を書こうと思います。

なので、ここでは軽く触れるだけ。

計画相談支援(軽く触れるver)

サービス利用支援とは

障害福祉サービス等の申請に係る支給決定前に、サービス等利用計画案を作成し、支給決定後に、サービス事業者等との連絡調整等を行うとともに、サービス等利用計画の作成を行うサービスです。
高齢者のケアプランを立てる事業所のようなもので、フォーマル、インフォーマル様々な制度を組み込みます。
その後、福祉サービスを利用後、数か月おきに支給決定されたサービス等の利用状況の検証(モニタリング)を行い、サービス事業者等との連絡調整などを行います。

なるべくかみ砕いているのですが、意外と専門用語を使ってしまう、、、書きながら気づきましたが支給決定とか当たり前のように使っていますが、よくわからないですよね。

また、問題点としては、相談支援専門員と利用される方との相性や、一人一人のスキルの差などが出てきているよう思えます。

色々な意見がある現状ですが、個人的にはできてよかったサービスだと思っています。
この制度のおかげでQOLが上がった方も多数おられるでしょう。
ただ、サービス等利用計画が作成されるのを待つために、事業所への入所が遅れてしまうという現実もあることは触れておきます。
また、改めて考察します。

とりあえず今回はこの辺で。