名言に対する考察。「おおロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」

「おおロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」

この前、図書館からの帰り道、自転車に乗りながら、ふとこの言葉が頭をよぎった。

完璧な言葉だと思った。

恋愛の最中に誰もが陥るあの言葉にできない名前の無い感情を見事に表していると思った。

「おおロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」

良いことも、悪いことも、激情、愛情、悲哀、等全てが含まれていると思う。

もし、今これを読んでいるあなたに胸を焦がすほど愛おしい人がいるのならば、ロミオの部分に相手の名前を、
入れて、言葉に出してほしい。

あなたが探していた今の自分の気持ちを代弁してくれて、胸をさらに焦がすであろうと思う。

そして、口に出してみて、本当に胸を焦がした人がいるならば、おそらくその人は、世に言う悲恋だったり、
世間にまっとうに言えないような恋をしているのだろう。

ぽかぽかと温まるような恋をしている場合には、あまり響かないのがこの「おおロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」なのだと思う。

そして、誤解を恐れずに言わせてもらうならば、悲恋こそが恋なのだと思うのだ。

ロミオとジュリエットのように、引き裂かれるような間柄で愛し合ってしまったり、たとえば病気だったり、
まぁなんだっていい。

当然、僕も不倫や浮気はよくないことだろうとは思うが、おそらくそういったもにもこの

「おおロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」

はとても効果的だと思う。

障害がある恋のほうがはるかに胸が焦がれる事実はあると思う。

おそらく、陽気なチェリーボーイや心優しいプッシーキャッツたちは、そういった道徳に反した恋につばを
はきかけるだろうと思う。

しかし、そういった方々は経験をしていないだけだと思うのだ。

正しい正しくないは別として、恋は不道徳のほうが燃えるのだ。
障害があったほうが激しく恋焦がれるものなのだ。

たとえば、気になる彼氏がいないはずの女の子に男の影がチラつくと気が気じゃなくなるでしょ?

そういうこと。

たとえば、僕は恐竜が凄く見たいのだけど、それはもう全財産をはたいてもいいくらい一度本物を見てみたい
のだけれど、もしも、恐竜が絶滅していなかったら、そこまで見たくはないと思うわけだ。

たぶんクジラくらいしか見たくないと思うわけだ。

確かにクジラはいつか見たいなぁ、とは思うけれど、忙しい中クジラを僕が見に行くか? といったら、
今のところ見ていないのだから、そこまでではないはずだ。

何かのきっかけがあれば見たいけどねーくらい。まあ、みたいんだけど。

つまり、到達が難しい宇宙に憧れるように、障害があるほうがどうしても人間っていうのは燃えてしまうものなんだと思う。

これを論理的に証明するために、僕はある一つの仮説をたてた。

それが「アフリカの乳首論」である。

よくテレビで未だ未開の地といわれるような(まぁ実際は何が未開かなんてわからないが)アフリカの奥地の
部族かなんかで、上半身裸の部族がいる。

当然、そこの部族は女性も上半身裸なのだ。

つまりそれはふだん、僕らが憧れてやまないあの服や下着という障害に守られた
おっぱいがぶりんぶりん出ているわけだ。

いや、さらにこの「障害」を強調するならば、下着だってそうだ。昔は原宿で女子高生のパンツが
数万円で取引されていたという信じられないようなことまで起きていた。
それが下着だ。
そう、下着だってそうだ。洋服という障害に守られているからあんなにプレミアがついたのだと思う。

まぁいい。話を戻そう。

そう、その部族のカルチャーの中では、僕らのカルチャーの中とは違い、おっぱいに障害はなく、
がっつり外に出ているのだ。

それはもう肘や膝のように外に出ているわけだ。

そこで僕はこんな仮説を立てる。

「アフリカ乳首論」

内容はこうだ。

【おっぱいを普段から出している部族はプレイの最中に乳首を責めないのではないか?】

もしも、この仮説が証明できれば、恋は障害があるからこそ燃えるという

「おおロミオ、どうしてあなたはロミオな論?」

も同時に立証されるだろう。

つまり、僕らの胸をかき乱してたもの正体がアフリカの乳首で証明されるということなる。

さらに、いつしかその二つの論理は統合され「アフリカ乳首ロミオな論?」となるだろう。

そして、それが臨床段階まで「アフリカ乳首ロミオな論?」が降りてきて、
実用化すれば不倫に悩む独身OLとかが救われるはずだ。

どうしても関係を断ち切れない部長。
もう、会ってはいけない、と思えば思うほど、また惹かれていってしまう。
部長の子供を不幸にするわけにもいかないのに・・・それでも会いたいの!
もう私どうにかなっちゃいそうよ!

と思っているOLも少なくはないだろう。

彼女たちをこの「アフリカ乳首ロミオな論?」に当てはめてみる。

不倫関係や部長の子供はTシャツはブラジャーとなる。
そして、部長は乳首。

彼女たちは思う。

そうか、まっとうに出会っていたとしたら、本当に部長に惹かれていたのかしら?と。
奥さんに対する感情とかが私を変に燃やしてしまったのではにないか? と。

そして、部長なんて、ブラジャーがなければ乳首でもなんでもなく、ただのくるぶしみたいなものなのではないか?

と。

そして、本当の乳首を彼女たちは探しに行くのだ。

よし、そのためにはまず

【おっぱいを普段から出している部族はプレイの最中に乳首を責めないのではないか?】

を解決しなければ。

みんな頑張ってね!

俺?

俺は別にどうでもいいもん!

それではおあとがよろしいようで。←まったく落ちてない

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です